収支保証の条件はどうやって決まる?

それぞれのビジネスによって異なる

フランチャイズと聞いて最も知られているのはコンビニかもしれません。全国にあるコンビニで直営店はほとんどなく、個人や会社などがフランチャイズを利用して運営しています。ただフランチャイズによる運営は他のビジネスでも多く見られ、一般的なチェーン店のようで実はフランチャイズだったなどもあります。フランチャイズ契約では最初に収支保証を行うところがあります。経営を始めていきなり安定した売り上げや利益が得られないので、それを本部であるフランチャイザーが保証します。コンビニなどではブランドによって異なりますが、フランチャイジーが選択できるケースが多いようです。個人経営者なら多めになりますし、複数店舗運営している会社なら少なめになるでしょう。

本部の影響力によって異なる

会社などで仕事をしていて、将来は独立したいと思うときがあります。ある程度の資金ができていざ独立しようとしても、一から行うのは大変です。フランチャイズなら、大手の名前を借りて営業ができるので、初めてでもそれなりに知名度が得られます。最初の契約では収支保証の話が出てくるかもしれません。本部から一定の額が示されるときもありますし、いくつかのパターンを選べるときもあります。保証額が大きいときは、それなりに本社の指示や意向が強くなります。独立したとはいえ、なかなか自分の判断で事業は行えません。保証額が少ないと、それだけ指示は少なくなり自由度が増します。自分でビジネスをしたい気持ちがあるなら、保証額を少なめにするといいでしょう。