フランチャイズって一体なに?

店舗経営に心強いサポート

独立開業を志す人たちの間でよく聞かれる言葉に、フランチャイズというものがあります。
このフランチャイズとは一体何かというと、小売業やサービス業などの世界で広く用いられているビジネスモデルの1つです。またの名を「加盟店方式」とも呼ばれています。
フランチャイズ方式は、フランチャイザーと呼ばれる事業運営本部とフランチャイジーと呼ばれる各加盟店との2つのパートで成り立っています。この両者の間に取り交わされるのがフランチャイズ契約です。
フランチャイズ契約が結ばれると、本部は加盟店に対して商号や商標の使用許可を与えると同時に、営業ノウハウや従業員教育など店舗経営に必要なさまざまなサポートを提供します。この見返りとして、加盟店は本部に対して月々の売上の中から一定のロイヤリティを支払います。

開業のハードルを下げる

フランチャイズ方式によって運営される各店舗は、基本的には独立採算制を採っています。成功するかどうかは経営者の才覚と努力次第という点では、通常の店舗経営と何ら変わりません。ただ、商品の仕入れや価格設定、宣伝などは本部によってマニュアル化されており、それに沿って営業活動を行うこととなります。そのため、店舗ごとの独自性はある程度制限される一方、商品知識や経験の乏しい者でも比較的手軽に開業を果たすことができるという特徴があります。
いわゆる「全国チェーン」と呼ばれる店舗グループにはこのフランチャイズ方式を採用しているところがたくさんあります。代表的なのはコンビニエンスストアで、他には居酒屋やファストフード店、金券ショップ、貴金属等の買取専門店などがよく知られています。